FX レバレッジとは?

FXの特徴として少しの資金をもとに大きな金額の取引ができることがあげられます。
FXにおける証拠金(保証金)と実際に売買する外貨額との比率をレバレッジと言います。レバレッジとは日本語で言うと「てこ」という意味です。FXは少額で大きな額の取引ができる、つまり「てこの原理」の考えで取引ができるのです。
レバレッジとは簡単に言うと、「担保として預けるお金(保証金)の何倍のお金を利用出来るか」ということです。
もし保証金が10万円でレバレッジが5倍であれば、10万円の元金で50万円分の取引ができるということです。
FXにおいてレバレッジを大きくすると大きな金額を動かすことができ投資効率は高くなりハイリターンを期待することができます。しかし、一方でちょっとした為替レートの変動に大きく左右されるためハイリスクをかぶることもあります。
レバレッジは、FXでは一般に10倍程度のレバレッジが適当とされています。また、レバレッジは取引会社によって異なるので調べておくといいでしょう。

この少しの資金をもとに大きな金額の取引ができることが、FXがハイリスク・ハイリターンといわれる最も大きな理由の1つです。
ハイリターンだけにとらわれず、ハイリスクがあることをしっかりと認識し、FXをしましょう。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: FX レバレッジとは?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://fx.infoippo.com/mt41/mt-tb.cgi/315

コメントする

このブログ記事について

このページは、 ippoが2008年5月29日 11:23 に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「FX レバレッジと取引会社」です。

次のブログ記事は「FX初心者:株との違い」です。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ で見られます。