FXの基本の最近のブログ記事

FX 税金

FX取引で儲けた場合、株取引と同様に税金がかかることを知っていますか?
FX取引をはじめる時にうっかり調べ忘れてしまうのがこの税金。
株取引同様、FX取引でも儲けたら儲けっぱなし、というわけないはいかないのです。

給与所得が2千万円以下で、FX取引で年間20万以上儲けた場合、確定申告が必要となってきます。もちろん、20万円に相当する外貨を儲けた場合も確定申告が必要となります。
(FX取引以外の雑所得がある人は、FX取引での儲けとその他の雑所得を合わせて20万以上となった場合も確定申告が必要となります。)

FX取引によるこの儲け、つまり利益(為替差益、スワップポイント)は個人の場合、雑所得として総合課税の対象となり確定申告が必要となります。
確定申告とはその年の1月1日~12月31日の間に得た所得金額を申告書に記入し、翌年の2月16日~3月15日に税務署に申告することです。

雑所得を申請する際、必要経費を控除することができます。つまり所得の総額から必要経費として使った金額をマイナスすることができるのです。
FX取引における必要経費とは、取引手数料、プロバイダ使用料、セミナー参加費用、セミナー参加のための交通費、電話代、ノートやペンなどの筆記用具などのことです。
必要経費として申請するものには証明する書類が必要となるので必ず領収書を取っておくようにしましょう。

FX IFD注文

FXの注文にはいろいろな注文方法があります。
ここではFXのIFD注文について簡単にご紹介します。

IFDという言葉は「If done」からきています。つまり、最初の注文が確定したら、次の注文を行うことができるということです。
FXにおけるこのIFD注文は新規買い注文から売り注文、この二つの注文を自動で連続して行うことができるのです。
このIFD注文には二つの方法があります。
一つは、FXで利益を得るためにするIFD注文です。
例えば、現在1ドル112円だったとします。そこで1ドル110円になったら買い注文を出し、確定したら114円で売り注文を出したい場合、IFD注文ならこの二つの注文を一度に行うことができます。
もう一つは、FXで損失を増やさないようにするIFD注文です。
例えば、現在1ドル112円だったとします。そこで1ドル110円になったら買い注文を出し、確定したら1ドル108円で売り注文を出したい場合、IFD注文ならこの二つの注文を一度に行うことができます。

通常であれば、買い注文が確定したら次に売り注文と二つのステップを踏まなければいけませんが、IFD注文ならこれらが一度で行えるのです。
ただし、無理な設定をした場合、注文が成立しないこともあります。
FXでIFD注文をする際は、よく考えて注文設定をしましょう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち FXの基本カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはFXです。

次のカテゴリはFXレバレッジです。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ で見られます。